SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    カナ (08/27)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    にゃん子 (06/02)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    ちい (05/27)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    志波康之 (01/14)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    カドルト (01/08)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    底辺ドカタ (10/01)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    タランティーノ (07/12)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    がんちゃん (06/30)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    天職キタ(*´ω`*) (02/09)
  • 【必見】11月4日:患者塾第五回講座 今を生き、未来に活きる!!
    オラわくわくしてきたぞw (02/03)
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

患者塾の活動報告 http://kanzya-zyuku.net/

患者塾の活動報告・予定のブログです!
<< 開催間近!!患者塾講座リニューアルオープン!! | main | 【”ありがとう”をこめて】患者塾設立一周年記念祝賀会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
患者塾 第四回講座報告
先日の患者塾第四回講座には、30名前後の参加があり大変深い学びができたと思っています。
ご参加・ご協力頂き本当に有難うございました。
簡単ではありますが、当日司会を担当しておりました埼玉県立大学の林沙保より内容のご報告を以下にさせて頂きます。
今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。
ーーーーーー
全体の流れとしては、午前、医学・看護・リハビリ・薬学・福祉の5つの視点か
ら見た“二分脊椎症”のプレゼンをしました。
その語、午後に繋げるために、学科ごとに集まり、知識の共有や補い、理解を
し、次に異なる学科でチームを組み、専門性を生かして“二分脊椎症”を持った
方に対してチームで何ができるか、について話し合いました。
お昼はもっと深めてもらうために、そのチームでとってもらいました。

午後は講演をしてもらって、その後、質疑応答。
休憩を挟んで、講師の方にご提案して頂いた4つの質問を
スモールグループデイスカッションしました。

,△覆燭考える患者にとってよい医療とはなにか
△△覆燭考える病気とはなにか
あなたが考える身体障害者とはなにか
い修里燭瓩法△△覆深身は何ができ、何をすべきか

それから、講師の方に感想を言っていただき、終了です。

以下は、林個人の感想です。
目を通して頂けると嬉しいです。

実際午前も午後も司会はともかくとして本当に勉強になりました。
集まった参加者もみんな熱い夢の持った人たちばかりでした。

今回は“二分脊椎症”を持った方が講師として来て頂いたのですが、
みんな“二分脊椎症”って知ってますか?私も今回初めて知ったのだが、
この病気は先天性のもので、脊髄(神経)を囲ってる脊髄(背骨)が一部作れな
かった時に、脊髄が外に出てしまい神経がそこから上手く機能しないという病気
のようです。

症状としては、下肢変形、下肢麻痺。

プレゼンで私が1番驚いたのはやはり福祉です。
福祉ってあんま関わらないんじゃないかなってひそかに思っていた
私がすごく恥ずかしかったです。
福祉こそ先天性の病気の方にとって1番大切なことなんだなと

先天性の病気は一生病気と付き合っていかなくてはならない病気もある。
その人の人生の一部になるわけですよね。子どもの時、大人の時、その時に生じ
る障害や必要なものが違う。その時々によってその人を中心にどんな手助けが必
要なのか、どんな制度が必要なのかを考えくてはいけない。そのサポートとなる
のは他の職業の方も必要だけど、福祉だと思うんです。

講演では、講師の方の考え方にたくさん共感でき、そういう見方もあるのだぁっ
と感心させ続けられました。

その後の問いで、私は
「△△覆燭考える病気とはなにか」
「 あなたが考える身体障害者とはなにか」に驚かされた。

私、日常で「病気」とか「身体障害者」って普通に使うけど、「病気」ってなん
だろう?「身体障害者」ってなんだろう?って考えたことがなかったんんです。
当たり前に使ってたけど、その意味を考えるのも1つの勉強なんだと思いまし
た。

い呂垢瓦て颪靴ったです。。
私が出した答えは、私自身が変わること。

私は「病気」とか「身体障害者」って当たり前のように使ってた。でも今日違う
のだと気づくことが出来ました。
そして、同じように医療でも他の分野でも当たり前だとみんなが思っていること
でももしかしたら違うかもしれない。

それを私が指摘することは簡単。でもそれじゃ納得いかない。
私が言っても私自身がそれを裏付ける行動をとってないとみんなは信じない。そ
して私はみんなに自分で気づいてもらいたい。
誰かに言われたからとかじゃなくて、自分で見つけて「それじゃあどうすればい
いんだろう」って考えてほしい。

そのきっかけが私だったら嬉しいなと思います。
ーーーーーーーーーーーーー
| - | 08:00 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - |
[PR]
http://spellblog.blog41.fc2.com/
| 節約術 | 2008/12/17 5:41 AM |

[PR]
http://kolamuru.web.fc2.com/
| 借金 返済 | 2008/12/17 5:44 AM |